生態から学ぶ、効果的なコウモリ撃退法

main-img

コウモリ撃退を行う上で欠かせないのが、コウモリ自体の生態を知っておくこと。

日本に生息するコウモリの中で、家屋の天井裏や倉庫、高速道路の橋脚など人の手による建造物に生息するのはアブラコウモリただ一種。
そのせいか、イエコウモリとも呼ばれています。
頭から胴体にかけての長さは4〜6cm前後で、体重は5〜10g程度と小型。



そのため、2cm弱ほどの隙間があれば簡単に侵入することができます。

天井裏や戸袋に侵入して棲みつくのはこういう体躯の面での優位性があるからです。


昼間はねぐらとして寝ており、日没から飛び出し夜間は外で蚊や蛾などの虫を捕らえて食べます。



繁殖期は7月頃に2〜3匹出産し、約一ヶ月ほどで成長します。基本的に、コウモリ撃退といっても益獣としての側面もあるため殺傷・捕獲できないので、「追い払う」がコウモリ撃退法となります。有効なものは、コウモリが嫌う臭いを発する忌避スプレー。効果の長い忌避剤(ジェル状のもの)もあります。



昼間のうちに忌避スプレーで追い出し、隙間となる場所をパテや金網で細かく埋めていき、侵入経路を断ちましょう。

フンで汚れた箇所を清掃し(細菌の発生や、縄張りとして認識しているためフンの清掃は重要)、再度戻ってきた際に定期的に雨戸を開けたりして光を入れて、人間が来る=危険な場所ということを認識させなければなりません。
根気づよく追い払う作業を続けなければ、知能が高い彼らは何度も戻ってきます。
7月の繁殖期は1ヶ月ほど追い払うのが困難になるため、できればその前までに済ませておきたいところです。

生活関係の真実

subpage01

家の中にコウモリが入ってきてしまったという経験がある人はいらっしゃるのではないでしょうか。基本的に、コウモリは人間に近づく事はありませんが、万が一、家に入ってきてしまったら自分で処理をしなければなりません。...

more

学ぼう生活の事

subpage02

ネズミ対策に引っ張りだこの超音波ですが、アメリカから直輸入している商品の中にはコピー品や類似品まで出回っているようです。正規の業者から購入することで日本全国送料無料で購入できます。...

more

生活の情報まとめ

subpage03

ねずみが住宅に侵入した場合、対策をして追い払う、駆除をする必要があります。対策もせずにいると、自宅内で被害がかなりでてしまうこともあり、また、居ついてしまったりするとかなり厄介だといえるでしょう。...

more

驚く情報

subpage04

もしも家にねずみが住み着いていることが分かったら、早めに駆除しましょう。身体を齧られたりコードを齧られたりといった危険性もありますし、不潔で病気の原因ともなります。...

more